Q&A

よくある Q&A

  • Q. どれも同じ形をしたパッドなのに、なぜ価格がこんなに違うの。

    当然、取り付けるブレーキキャリパー(車種)が同じなので形は一緒です。
    しかし、パッドを製作するメーカーの考え方や製法で価格は変わってきます。
    純正パッドは大量生産する為に、一定の性能を持ったパッドを安く作る事が出来ます。
    しかし、アフターパーツメーカーの作るパッドはお客様の要望によって、価格であったり、性能であったり、
    特長を伸ばす方向で作っています。

    「高性能パッドをお薦めする理由」を読めばおわかりいただけると思いますが、残念ながらブレーキ性能を追求して行くと
    コストがかかり価格は上がってしまいます。
    精鋭化していくバイクの性能をフルに発揮させるには優れたブレーキが不可欠です。
    安いモノが支持される時代ではありますが、ライディングを愛し高性能バイクにお乗りなら、わずかな投資で
    見違えるほどコントロール性が上がり安全にも寄与する高性能パッドの装着を強くお薦めいたします。
  • Q. シンタードパッドとは?

    シンタードとは、焼結合金の総称です。
    ブレーキパッドの場合は銅を母材として、様々な物質を焼き固め製作されます。
    それこそ、混ぜ合わされる物質や配合比、温度や圧力のかけ方など、求める性能を発揮させるために
    日々開発が進められています。
    金属フレークを樹脂で固めて製作される、レジン系パッドと比較すると下記の様な特長があります。

    ■シンタードパッドのメリット。
    1. 初期制動力を発揮させやすい。
    2. シンタード被膜を形成してローターへの攻撃性を下げられる。
    3. 耐熱性が上がり、サーキットなどでの高負荷時の性能が安定している。
    4. 水膜をすぐに取り去るので、雨天でも制動力、コントロール性が高い。
    5. 耐摩耗性を確保しやすい。

    ■シンタードパッドのデメリット
    1. 製作コストがかかる。
    2. 摩擦材が金属合金なので重い。

    このような理由から、ワインディングやサーキットなどで高性能バイクを走らせるのなら、
    シンタードパッドを選ぶ事は必然的なモノだと考えられます。
  • Q. 純正パッドと何が違うの?

    近年、バイクの高性能化に伴い、純正ブレーキパッドも「シンタード製」を採用している車種が多くなって来ています。
    その為、パッド交換が必須条件のクルマとは違い、純正パッドでもサーキット走行出来るほど高性能です。
    しかし、純正パッドは価格も含めバランスが重要視されている為、突出した性能は求められていません。

    エンドレスパッドは、サーキットやワインディングなどでの高負荷状況下での制動力や耐久性、コントロール性を
    非常に高い次元でバランスさせたパッドです。
    また、良いパッドはサーキットにのみならず、優れた適合性を発揮します。
    市街地などでもコントロール性の高さからアクティブセーフティーにも役立つモノです。
  • Q. 一般道ではレーシングパッドは使いづらい?

    市販されている一部のレーシング系パッドの中には、初期のストッピングパワーが過大で市街地走行に不向きなモノが
    ある事は事実です。
    混合交通の中で不意な飛び出しなど、とっさの時にしっかりコントロール出来るのか疑問です。
    しかし、よく出来たレーシングマシンが乗りやすい様にレーシング系パッドだから扱いづらいというのはおかしな事です。

    エンドレススーパーハイブリッドシンタードパッドは、コントロール幅が広く、レバー入力に比例して制動力をコントロール出来るので
    気負いなく使用する事が出来ます。
    また、モテギ7時間耐久レースを無交換で優勝出来る耐熱耐久性が与えられているので、市街地ではオーバースペックとも
    言える耐摩耗性を発揮します。
    スーパースポーツはもとよりハイパワーで重量級なメガスポーツやツアラーにもベストマッチします。
    少々高価なパッドですが、耐久性が高くディスクローターにも優しいので、実はコストパフォーマンスに優れたパッドなんです。
  • Q. 初心者なので違いがわからないと思うからノーマルパッドで十分。

    サーキット走行会などでもよく耳にする言葉です。
    「自分には違いがわからないと思うから替えていない」「ノーマルでも十分に効くから替えていない」
    しかし、それで良いのでしょうか?
    サーキットは公道とはまったく逆で「急加速、急ブレーキ、急旋回」が求められる所です。
    エキスパートライダー程ではないにしろ、サーキットでは公道では考えられない様なスピードが出ています。
    エキスパートライダーは、一気にブレーキレバーを握り込み驚く程の減速をこなしますが、ビギナーではそうは行きません。
    「ブレーキを握り過ぎて転倒はしないかどうか」「コーナーへのアプローチでのリリースはどうか」常にブレーキには神経を
    使っていると思います。

    エンドレスパッドは初期立ち上がりが急激なレーシングパッドとは違い、コントロール性が高くブレーキインフォメーションが豊富な為、初心者こそその恩恵ははかりしれない物があります。
    ライダーのフィーリングにあった制動感、リリース感が得られた時にはこの上ないライディングプレジャーを生みます。
    ブレーキは止まるだけの物ではなく、スピードをコントロールするものです。
    十分効くから大丈夫ではなく、自分の好みに変える事は上達への近道です。
  • Q. ブレーキホースをワイヤーメッシュに換えるとブレーキが効くようになる?

    国産マシンはほとんどがゴム製ブレーキホースを使用しています。
    これに対しDUCATIをはじめ外国製スポーツモデルはほとんどがワイヤーメッシュのホースを採用しているのです。
    ご存知の通り、ブレーキ液の圧力を伝えるホースが膨張しては思い通りのブレーキフィーリングやコントロール性を
    発揮できません。
    しかし、初期のタッチが変わるので若干ブレーキが効くような感じがするかもしれませんが、絶対制動力には変化はありません。
    残念ながら、性能として大差の出ない物にはコストがかけられない国産車はゴム製になってしまう訳です。
    ライディングをこよなく愛するライダーならこの初期のタッチがいかに重要かおわかりになると思います。

    意外に知られていない事ですが、ワイヤーメッシュホースにも寿命があります。
    半永久的に使える物ではありませんので定期的な点検と交換が必要です。
    タッチが変わったと思ったら、ホースを新しくして見ると良いかもしれません。
  • Q. サーキット走行での注意点。

    エンドレスパッドに限らず、シンタード系のパッドは摩擦材が金属合金である為、熱がキャリパーに伝わり易いという
    特長があります。
    フェードが起きにくくなった事によりハードなブレーキングが可能になりましたが、それだけブレーキシステムへの負担は
    より大きくなっていると言えるでしょう。
    そこで熱の影響を受けやすいのがキャリパーのピストンシールとダストシール、そしてブレーキフリュードです。
    ワインディングや市街地では問題が無くてもサーキットにおける熱的な負荷は大変なものです。
    走行中、レバーが入る(多く握れる様になる)などトラブルが起きる事もあります。
    頻繁にサーキットを走行される方は十分な点検を行い、定期的なシール交換などを含むキャリパーのオーバーホールと
    エンドレススーパーブレーキフリュードなどの高性能ブレーキ液への交換を行なうと良いでしょう。

    トラブルを感じた時には、十分な知識を持ったショップに相談してみてださい。
  • Q. パッドを取り替えるのに注意点はありますか?

    ブレーキは重要保安部品です。
    知識のない方が作業する場合とても危険な場合がございます。
    ブレーキトラブルは他の人にまで危害を与えてしまう事も考えられますので、十分に知識を持ったショップさんに
    お願いする事を推奨いたします。

    パッドの性能をフルに発揮させる為には健全なブレーキシステムである事が大前提となっております。
    ブレーキホースの状態、ブレーキフリュードの量や劣化具合など点検が必要です。
    特にパッドと触れ合う事で制動力を生み出すブレーキディスクの状態は重要です。
    磨耗状態によっては十分な性能が発揮されないだけでなく、ディスクバーストなど重大なトラブルを起こす事も考えられますので
    注意しましょう。

    また、磨耗がなくてもディスク面に前に使っていたパッドのシンタード被膜が形成されている場合、性能が発揮出来ないほか、
    ディスク鳴きなど不具合が発生する場合があります。
    その場合はサンドペーパーなどでブレーキディスク面をクリーニングするなどの処理をすると良いでしょう。
  • Q.エンドレスパッドには、スタンダードモデルと言われる「スーパーハイブリッドシンタード」と「レーシングシンタードPRO」と言うニューモデルがあると聞きましたが、違いはどのようなモノなのですか?

    どちらもセラミックとカーボンを使ったシンタードメタル系のパッドで、成分や製法はほとんど同じモノです。 その違いは、鈴鹿8耐より厳しいと言われた「もてぎ7時間耐久レース」を無交換で優勝を狙えるというコンセプトで作られた「スーパーハイブリッド」のオーバークォリティーとも言える耐摩耗性を削り、より制動力を高める方向にチューニングされたのが「レーシングPRO」なのです。優れたコントロール性はそのままにより高い制動力を発揮します。 マシンやブレーキシステム、乗り方によって異なりますが、ハイブリッドと比べて約20~30%摩耗が多くなっております。価格はどちらも同じです。2015.11現在、レーシングシンタードPROは、各ブレンボキャリパー用をラインナップ。(4枚タイプを除く)APracing2ピストン用もリリースしております。
  • Q.「スーパーハイブリッドシンタード」と「レーシングシンタードPRO」どちらを選ぼうか悩んでいます。どう選んだら良いでしょうか?

    マシンやブレーキシステムにもよりますが、イメージとして筑波を1分1~2秒までなら「スーパーハイブリッドシンタード」1分切りが見えて来たら「レーシングシンタードPRO」をおすすめします。また、耐久レースなどで使用する場合は、十分に摩耗具合を確認のうえご使用ください。

  • Q. ブレーキフルードを替えたいのですが、レーシングフルードは少し心配です。エンドレスRF-650はどうなんでしょうか?

    エンドレスが誇る、スーパーレーシングフリュードがRF-650です。スーパーGTやF1、WRC、パリダカなどトップカテゴリーでも非常に定評のある製品です。 ドライ沸点323℃以上は世界のフリュードと比べてもトップレベルの性能で、価格も500ml缶で3240円(税込)はトップクラスの製品としては安価に設定してあります。普通のフリュードとあまり変わる事はありません。無色透明のフリュードが黄ばんで来たら交換する事を心がければ素晴らしいタッチが得られます。
  • Q.ブレーキフリュードをRF-650に替えるとどう変わるんですか?

    ドライ沸点323℃と超高性能なので、サーキット走行など、激しいライディングでの安定性能ばかりが取りだたされますが、実は一般市街地の低速走行や車庫入れ時のでも、液圧の損失が極めて少ないので繊細なタッチが向上。スムーズなバイクコントロール性を生み出します。RF-650に交換するだけでも、バイクが扱い易くなるのです。